クリニックで治療

女性

美容外科やレディースクリニックでは、積極的に小陰唇肥大に対する手術を行っています。それらは小陰唇縮小手術と呼ばれており、肥大した部分を切除する事で通常と変化のない状態にできるようになっています。小陰唇は2センチ程度が一般的な大きさだとされており、それ以上のものになると小陰唇肥大として診断される事が多いです。また、外から見てもはみ出しているという場合も小陰唇肥大に含まれるとされています。そうした判断基準も、クリニックによって小さく差はありますが、ほとんど同じと言えます。

クリニックで治療を受ける場合は、メスを用いるか、レーザーを用いるかという変化があります。近年はダウンタイムの少ないレーザー治療が一般的となっており、痛みなどもほとんどない状態で小陰唇肥大を治療できる為、多くの女性に人気のある治療法となっています。メスを用いて縫合する場合でも、麻酔をきちんと行うことで痛みをほとんど感じないようにできる為、やはりダウンタイムの差が、これらの治療法を分ける要素となっています。小陰唇肥大に悩んでいる場合、こうした手術方法にも目を向ける事がポイントとなってます。
小陰唇肥大という症状を解決するには、知識と判断力、そしてクリニックのスキルという様々な要素が必要となります。それらをきちんと用意できる環境にする為にも、情報を集め、クリニックの無料相談を利用するなど、積極的に小陰唇肥大に向き合うあう必要があるのです。