多様化が進む技術

女性

膣を縮小したいと考えた時には、大きく分けると美容外科クリニックや婦人科に相談するか、エクササイズをするかのどちらかを選択できます。この時にまず試していきたいのは、自分で頑張ってみる方法です。もちろん、自分で頑張る時間が惜しいと思うならば、早速美容外科などの専門医に相談をするとよいでしょう。しかしながら、自分でできる努力を行っていけば、悩みを自然と解消できる可能性も期待できます。美容外科などに相談すると、どうしても人為的な作業が行われるため、完全に自然な形での問題解決は難しいです。スピードを得られる反面、この点は自分で頑張ってみる努力に勝てない部分です。産後緩んでしまった膣を縮小するためにも、なんだか緩んできたような気がする膣を縮小するためにも、膣周りの筋力をアップして引き締めると良いでしょう。

トレーニングする方法でもう有効なものとしてあげられるのが、骨盤矯正。最近はダイエットにもいいと言われている骨盤矯正ですが、産後で膣のゆるみを感じている女性において、この骨盤矯正を行うことで大きな効果が得られます。膣と骨盤というとあまり関係のない体の器官と思われるかもしれません。しかし、実際、骨盤自体が体を支える中心的な役割を担っているので、膣とも関わりが深いわけです。トレーニング自体は専門のサロンなどを利用することで気軽にチャレンジできますが、簡単な方法ならクリニックでも教えてもらえるので自宅でチャレンジしてみましょう。